つみ木の家

記事一覧

安定している収入を手に入れるなら不動産投資を行なおう

家賃不払いでお悩みの方

握手

不払いの心配無くなります

マンションやアパートの経営で、大きな悩みの種として家賃の不払いがあります。不払いの場合、本人に連絡し催促するのですがこれがかなりの手間です。なぜなら、居留守を使う、電話に出ない等で大家さんと会わないようにする方が多いためです。そこで、連帯保証人に連絡して家賃を催促するのですが、お金の絡む話なので当然、話がこじれてしまい、なかなかスマートに解決しないケースが多々あります。そんな家賃の不払いでお悩みの方には、家賃債務保証会社を活用することをお勧めします。一般財団の会社から民間の会社まで様々な会社があります。家賃債務保証会社では、各会社の契約内容によって異なるのですが、一定の保証料を支払う事で約半年分の家賃不払いを保証してくれます。これにより家賃不払いの不安から解放されるので、安心して経営することができます。

登録制になります

家賃債務保証会社は、近年増加傾向にあります。高齢者世帯、障害世帯、外国人世帯等で賃貸住宅に入居するのが難しい方を支援する為に、平成22年に家賃債務保証業適正化法案というのが国の政策会議に提出されました。そして、入居困難者を支援する為に、全国各地に家賃債務保証会社ができてきました。この業界は、まだ日が浅い業界で、法律の整備がしっかり行き届いていないのが現状です。その為、会社によっては、保証料が高かったり、家賃不払い者から強引な取り立てをする会社も存在します。国もその点については問題視しており、悪質な業者を排除するため、家賃債務保証会社を登録制にしようという動きがでています。将来的には、悪質業者が排除された良心的な会社だけが残ると予想されます。