つみ木の家

記事一覧

安定している収入を手に入れるなら不動産投資を行なおう

事業と土地の適合性

マンション

節税対策や収益力の向上

大阪では長期にわたって利用されていない未利用地や、周辺地域の利用状況に比べて利用の程度が低い低利用地があります。節税対策や収益力向上のために、これらの土地の活用を検討してみる必要が出てきます。一口に土地活用といっても種類が多く、いずれの手法にしても一長一短があります。土地を活用して優秀な収益物件にしていくためには、事業のニーズと土地の適性が合致しているか否かにかかってきます。優秀な収益物件にしていくために周辺の環境の調査やニーズを調査して、それに合わせた収益物件の設置をしていくことが非常に重要になってきます。そのために事業と土地の特徴をしっかりと理解する必要が出てきますし、不動産の勉強も必要になってきます。大阪でも建物だけでなく土地活用して駐車場経営を行なこともできるので、いろいろ検討して資産形成を考えてみるのも良いでしょう。

安定した収入を得るために

最もポピュラーな収益物件としてマンションやアパートなどを建設する方法があります。単身世帯の増加や核家族化で需要が大きくなっています。また節税の効果も大きく安定した収入が見込めます。ですが競合物件の増加で成り立っていく土地は限られています。賃貸の駐車場も収益物件として成り立ちます。投資をする金額も少なく他への転用もスムーズに行うことができ、大阪にも多くの賃貸駐車場がありますが節税の効果が少ないため実質的な収入は少なくなってきています。周辺にニーズがあれば資材置き場にするケースもあります。商業用のビルやオフィスビルを建設する大阪の人もいます。テナントが埋まれば大きな収入を得ることが可能です。初期の投資額が大きくなってしまうほか、景気の影響を受けやすくなっています。